ウィキペディア、フリー百科事典から




DESCENTE/デサント GSワンピース/GIANT SLALOM RACE SUITS/DWUSJJ69

コンマ1秒の壁を狙う選手に向けて、我々は風の抵抗を極限まで減らしつつパフォーマンスを最大限に発揮させる事を念頭に開発を進めています。スーツを構成するパーツを減らす事でその境目での風の抵抗を低減させ、またあえてその境目を利用し風の流れを活かす事も。そして身体の部位毎の生地の織り目や編み目の向きまでをも風の流れに逆らわせない事も意識し、開発を進めています。パッドは上腕・下腕・肩甲骨・ヒザとスネに搭載しています。(取り外し不可)「FIS対応モデル」
素材:ポリエステル82%/ポリウレタン18%

その日の絵

フレデリック・リビー

フレデリック・リビーフレデリック・リビー、1918年生まれ(1891-07-15)1891年7月15日スターリング、コロラド州、アメリカ合衆国死亡しました1970年1月9日(1970-01-09) (78歳)ロサンゼルス、カリフォルニア、アメリカ合衆国忠誠 大英帝国 アメリカサービス/ブランチカナダ軍王室空軍航空部、米国陸軍勤続年数1915 – 1917(RAF)ランクキャプテン単位王室空軍 第11飛行隊RAF 第23飛行隊RAF 第25戦隊RAF 第43飛行隊RAF 航空部、米国陸軍 22dエアロ戦隊 戦い/戦争 第一次世界大戦賞ミリタリークロス(MC) キャプテン フレデリック・リビー (1891年7月15日-1970年1月9日)は、第一次世界大戦中に英国陸軍航空隊のオブザーバーを務めながら、最初のアメリカのフライングエースになりました。 リビーは1917年9月15日に米国陸軍航空部に移籍しました。彼は米国に戻り、リバティローンを通じて戦争資金の調達を支援しました。その後、彼は脊椎炎で兵役から無効にされました。 彼の障害と彼の状態の結果として彼が早く死ぬであろうという予測にもかかわらず、リビーは彼の70年代後半に生き、石油探鉱者と実業家として繁栄しました。彼はWesternAirLinesの創設者でした。晩年、彼は回想録を書きました。 馬は飛ばない、1970年1月9日の彼の死後に出 (記事全文...)

フレデリック・リビー